【脱サラ】28歳アラサー女子 会社を辞めてフランスへ旅立つ

世間で「28歳アラサー女子」は仕事でもプライベートでも余裕が出始める頃。一般的に世間で言われるこの年代は、社会人という環境にも慣れ始め、慣れ親しんだ場所で家庭を持ち始める、そんな年代ですね。

そんな中、1年前私は借りていた東京の家を引き払い、住所不定のリモートワーカーとして「ノマド生活」を開始。 2019年はリモートワークにも終止符をうち、フランスに旅立つ という決意をしました。

28歳会社を辞めるってどうなの?

正直、不安はめちゃめちゃあります。

社会人3年目まではベンチャー・外資の広告代理店で昼夜問わずガツガツ働いてきたので、 今までは仕事最優先、キャリア重視の働き方 でした。28歳で脱サラすることで所謂、「社会不適合者」「キャリアアップは不可能」、と世間から認識されることは自覚しています。

今までの転職歴、キャリアについて

社会人5年目の年になりますが、既に転職は2度経験済みです。大手日本企業への就職を目指してなければ、何度転職しても問題無いと考えています。それぞれの就職先で何を学んで経験してきたのか、なぜ転職したのか、今何ができるのか、ということを伝えるのが重要です。

私の転職歴
・1年目:シンガポールのスタートアップ
・2年目:1社目の親会社である日本の広告系ベンチャー
・3年目:大手外資系PR
・4年目:仮想通貨
・5年目:仮想通貨….脱サラ

今後は独立してフリーランス·起業で自分のビジネスを確立する予定です。

なぜ20代後半の働き盛りにキャリアを捨てるのか?

広告業界は時代に合わせて変化していくので面白い業界ですが、10年後、20年後胸を張って何かを達成したと言えるかな….と自問自答を繰り返し、悩みに悩み、この決断に至りました。

会社員でいる限り会社の経営に対して不満を抱いてしまうし、本当にゼロからやるしかない、初心に戻って新たなスタートをきりたい、という感じです、今。

人生ある程度のお金は必要だと思いますが、いくら沢山の資産を持っていても私の求めている生き方はできないな、ということに会社員として働いて気付いたからです。 最終的にもっているお金よりも、人生に残るストーリーの方が大事だと思っています。 

なぜ今フランスに行くのか

GDPでは日本の方が上ですが、一個人の幸せを考えると、私たち日本人がフランス人から学べることって沢山あるのかな、と思っているからです。

理由1.「ミニマリスト」文化が生活に根付いている

きっかけとなったのは、2015年頃にベストセラーとなった 「フランス人は10着しか服を持たない」という書籍 です。カリフォルニアで生まれ育った女性が、フランスのマダムの元でホームステイを経験し、その経験から学んだ人生のレッスンについて書かれています。

私はこの本が日本のミニマリストブーム発祥の発端だったのでは、と思っています。私が本格的に家を引き払ってミニマリストになりたいと思い始めたのも、この本を読んだことがきっかけになりました。

理由2. 出生率、生産効率性が先進国の中でトップレベル

東京のシェアハウスに住んでいた時のシェアメイトと文化の違いを話しているうちに、次々とフランスへの疑問がわいてきました。例えば…….

  • なんでフランス人は働かないのか?
  • フランスは本当に恋愛主義の国なのか?
  • どうやって毎年長期バケーションを取っているのか。

色々調べてみると、フランスは2016年のデータで出生率が1.96と先進国の中では最も高い数値となっていました。それに比べると日本は1.44。

働き方にも大きな違いがあります。 フランスの有給消化率100%、それに比べて日本は2分の1である50% 、という結果がニュースに。同じ先進国でも何故こんなに大きな差があるのでしょう。

理由3. 地産地消の文化が変わらず残っている

日本ではやっと地産地消の概念を広めていこう、という動きが見られるようになり、その土地にちなんだ野菜が並ぶスーパーや、生産者を意識する動きが出始めています。

一方フランスでは “Marche”「マルシェ」 と呼ばれる朝のマーケットが毎週開催され、消費者はそこで、生産者の顔をみて購入します。カルフールのような大手スーパーがあるのも事実ですが、マルシェを大切にするのがフランス文化です。

会社を辞めてどうするのか

現在頼れる資金は、2018年会社員時代にお給料の6割を貯金していた貯金350万円のみ….。数年はフリーター兼フリーランスとして活動していこうと思います。

・Blogの運営
・ワーホリメディアWaHoli Japanの運営
・フランス語の語学学校
・フランス放浪

お金が無くなってきたらフランス現地でアルバイトかクラウドワークスで生活費を稼ぐ予定です。とにかく社畜で不満ばかりいっている人生より、その時見つけたもの、その時の自分にあわせて、思うままに行動していこうと思います。

Minimalog(ミニマログ)も更新していきますので、皆様宜しくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です